ギースのアス日記

セトア在住 盗賊ギースの日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

うまうま

たまにはアス以外の事も語ってみますよ。

秋のG1シリーズに向け、トライアルレースが開催されていますね。
今年は無敗の二冠馬がいますが、そやつが今週の神戸新聞杯に出走してきます。

ここを勝てばミホノブルボンの戦跡に並び、さらにその後の菊花賞に勝てばシンボリルドルフ以来の無敗の三冠馬になります。

シンボリルドルフは昔の馬で、実際レースを見たこともないのですが、現役時代は嫌われ役だったそうです。
先行して直線ですっと抜け出す優等生なレースぶりで、素人目には面白みに欠けたのと、1世代上の三冠馬ミスターシービーを全く問題にしない強さだったので、判官贔屓な日本人気質を逆撫でしてしまったのかもしれません。

蛇足ですが、ルドルフの騎手は関東の名手岡部。
どうも岡部のお手馬は優等生なレースをする馬が多かったみたいです。
シンボリルドルフ、トウカイテイオー、ビワハヤヒデ、タイキシャトルなどなど。
いずれも先行して直線でちょいと抜け出す、危なげなく勝つ玄人好みな「岡部乗り」

対しまして、ディープインパクト。
スタートで毎回出遅れ、いつも後方からの追走。
それでいて、直線でありえない切れ味で全馬を抜き去る破天荒なレースぶり。
こういう豪快なところがファンが多い理由なのかもしれません。

惜しむらくは、ディープインパクトにライバルがいない事。
古馬を見渡してみても、どうもパッとしたのがいない現在。

もちろん、ここまで無敗の戦跡は、本当に立派な事です。
スポーツ新聞の見出しに史上最強馬の文字が躍るのも当然の事。

しかしながらおれは思う、強力なライバルを倒さずして何が最強か!

実力拮抗のライバル馬たちがしのぎを削ったレースというのは、記憶に残るものです。
そして、当然そのレースに負けた馬の戦跡には敗戦という記録が残ります。
しかし、その黒星はただの敗戦と片付けられない価値があるんじゃないかと。

その昔、トウショウボーイ、テンポイント、グリーングラスという馬がしのぎを削った世代があったそうです。
こやつらの戦跡には当然、お互い同じレースに出走し、ぶつかりあい、勝ち負けしたので、いくつもの黒星があります。
しかしながらこやつらの生涯成績に残る黒星は、決して彼らの名声をおとしめるものでは無いのではないかと思います。

ディープインパクトには、無人の野を行くがごとく無敗を貫いてほしいと思う反面、強力なライバルが出現してほしいとも思う天邪鬼なギースでした。
スポンサーサイト
  1. 2005/09/22(木) 15:07:15|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:9
<<お城 | ホーム | いろいろ>>

コメント

>>惜しむらくは、ディープインパクトにライバルがいない事
トニービン産駒の白毛馬でも居ればよかったでしょうねw

冗談はさておき、最近競馬見てないけどすごい馬出てきてたんですね。
後半強いタイプなら、来年がホント楽しみですね。
アスコットやロンシャンは直線長いですし
  1. 2005/09/22(木) 21:27:51 |
  2. URL |
  3. 霧島 #-
  4. [ 編集]

トニービンは残念ながらサンデーサイレンスよりも前に他界してしまいました。
イギリスやフランスの芝が深くて坂を上ったり下ったりするコースは、スピードと切れ味が武器のディープインパクトには不向きなのかもしれません。
しかしそれでも彼の海外遠征を見てみたいとも思います。
  1. 2005/09/23(金) 02:32:53 |
  2. URL |
  3. ギース #-
  4. [ 編集]

うまうまというからfからいいものでたのかと思った(‥;)

競馬はエアグルーヴあたりから見てないなぁ・・・
  1. 2005/09/23(金) 10:19:30 |
  2. URL |
  3. ミル #/3WEEAIQ
  4. [ 編集]

マキバオーネタはさすがに古かったねw

芝が深いってのは厳しい条件ですね。
自分の認識でも洋芝は
日本の芝とダートの中間って感じですし
向き不向きでいったらオグリやホクトベガみたいに、
芝もダートもどちらでも行けるようなパワー型の馬だとはわかってはいるんですけどね^^;;;
やっぱり、ほら… エルの無念を~とか考えたいんですよw

TTG3強に関してはもう伝説ですね。
「貴公子」「天馬」
こんな大仰な呼び方をしても、それが当然
ってことで一般的になってることが
色々物語っているのではないかと。
自分も機会があったらぜひ見てみたいものです。

そんな訳で「天馬」を贔屓にしたい自分は
ルドルフ対シービーに関してはシービー派w
結局はシービーは勝てなかったけど、
ルドルフにとっては悪夢というべき天皇賞に、
ピーク時のシービーが居たならばギャロプダイナの強襲のその大外を強襲、
1番手でゴールを切ってたんじゃないかとよく妄想しますしw
 
Subjectに関してはこれ以上ここで長々と語るのは迷惑になるから、
@は近いうちに自分のところに書くことにしますw
  1. 2005/09/23(金) 11:11:00 |
  2. URL |
  3. 霧島 #-
  4. [ 編集]

すいません、馬ネタに釣られて出てきました。
ムラっ気に末足と言えばサッカーボーイ。

戦跡こそぱっとしませんが、オグリキャップや
イナリワンなどが絶好調期の有馬記念で4着に
入ったとき身震いしたのを覚えています。

世間一般の評価では気性の荒い短距離馬ですが
血統やレース振りを見る限り、クラシックディスタンス向きの馬であったことは言うまでもあ
りません。

TTG三強の血はもう見ることは出来ませんが、
サッカーボーイは産駒にG1ホースもおり、まだ
楽しませてくれそうです。

タマモクロスも好きですが・・・。

  1. 2005/09/23(金) 19:56:18 |
  2. URL |
  3. へたれ騎士 #bCpyViaU
  4. [ 編集]

競馬に絶対はない。

それが絶対だ。

俺は、次でディープは負けると信じている。
  1. 2005/09/23(金) 23:47:25 |
  2. URL |
  3. 紅いも #-
  4. [ 編集]

サッカーボーイ→切れ味抜群のマイラー
彼の産駒→ジリ足のステイヤー

サッカーボーイ産駒たちは、いったい父親から何を受け継いでいるんだろう・・・と突っ込みを入れたくなります。

代表産駒に菊花賞を勝ったナリタトップロード。

サッカーボーイは栃栗毛の美しい馬だったそうです。
TTG時代に自分がいたら、間違いなく貴公子テンポイントに入れ込んだ事でしょう。
  1. 2005/09/24(土) 04:24:05 |
  2. URL |
  3. ギース #-
  4. [ 編集]

サッカーボーイの父はディクタス。サンクタスへ繋がる名うての長距離血統です。
母はダイナシュート。一世を風靡したノーザンテーストの仔です。

あくまで私の持論ですが、ジリ足の長距離血統にノーザンテーストの素軽さが絶妙にマッチした結果なんだろうと思っています。
そして、産駒の競争結果にも納得してたり…。

世界的に見ても稀有になってしまったサンクタス系なので、ぜひ日本で生き残っていただきたいものです。

なお、TTG三強で私が一番好きなのはグリーングラスです。切れ味重視の現代日本競馬では用の無い馬力ホースで、何時いかなるときでも力づくで差しあがってくる姿に惚れました。

・・・年齢がばれそうですね。
  1. 2005/09/24(土) 12:29:44 |
  2. URL |
  3. へたれ騎士 #bCpyViaU
  4. [ 編集]

ディープインパクトは自分のスタイル(出遅れて直線で抜く)というのが後々ネックになりそうな予感がしてなりませんね^^;
やはり先行型の方が安定してるような気が・・・@@;
まぁ武 豊なのでうまくカバーするとは思いますが・・・
  1. 2005/09/25(日) 06:41:32 |
  2. URL |
  3. 川ちゃん #KY97foGI
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://geese.blog12.fc2.com/tb.php/67-3d768027

神戸新聞杯′足早い今週の予想

今週は3連休で諸般の事情により明日移行週末の更新ができませんので枠番連動+サイン読みと総合ランキングはお休みさせていただきます。 なので途中経過(消去法+着差理論)から今週の予想をしてみたいと思います。ただし総合ランキングは集計しますので内容が若干変わる場合が
  1. 2005/09/22(木) 17:37:58 |
  2. 競馬重賞予想ブログ 目標3連単で小金持ち!やっぱりG1馬かよ

ギース

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

BlogPet

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。